お話

奈良の大仏の大きさと、アメリカのハンバーガーの大きさ

更新日:





アメリカでは、人が手で作るハンバーガーは大きいけれど、
奈良の大仏のような、人造物は大きくない。
自由の女神!と思ったけど、あれはフランスから贈られたもの。

信仰の対象は大きさとは関係がないのだろう。
日本は食べ物に大きさはそんなに求めていないけど、
信仰の対象には大きさを割り当てて、そして自分たちの手で大きなものを作ってしまう。

奈良の大仏だって、当時は機械がないから、
15メートル超のあの大きさを職人や民衆の力を使って作ってしまったのだから。

奈良の大仏の大きさと
でかい!


大きさに対する意識は、アメリカと日本では何かが違う。
違うけど、やはり大きさはインパクト。
そして、大きさと品質の両立が大事だ。

  • 大きさと品質が、どちらも 小 なら「素人」
  • 大きさと品質が、どちらも 中 なら「プロ」
  • 大きさと品質が、どちらも 大 なら「アート」


アメリカのファイブガイズのようなボリューム系・かつ本物系バーガーはアートか。
マックは値段と品質のバランスが良いプロだ。

奈良の大仏はこの指標にするとどうなるのかな。
大きさはかなりの上、品質は最高峰、つまりアートの域だ。
そんな奈良の大仏だから、日本中の観光客から好まれている。







-お話

Copyright© そこはメモっておこう , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.