お店開業

2021年イオンモール白山オープン?北陸最大ショッピングモール旗艦店

更新日:




 

既に王手をかけているのに、更に旗艦店・イオンモール白山をオープンさせる?

北陸ショッピングモール需要の完全取り込みを図って、イオンモールは本気。

2017年3月にイオンモール新小松を開業させて、生態系の頂点を占めたはず。

 

それなのに、更に巨大なイオンモール白山を新規オープンさせるとは、

どういう了見なのか初めは分からなかった。

地域に集中出店させるドミナント戦略にしても、

北陸にはそもそもイオンやイオンタウンがひしめきあっていて、

イオン王国を決定的にさせているはずなのに。

 

イオンモール白山に特段のライバルがいるとも思わないし、

これからららぽーとやイトーヨーカドーが新規進出しようにも、

イオンの地場が強すぎて躊躇するだろう。

そう感じさせるほど、北陸におけるイオンモールの出店戦略は盤石だった。

 

2021年イオンモール白山オープン?北陸最大のショッピングモール旗艦店

 

北陸では永遠の、いや言い過ぎた、

今後10年間に渡ってショッピングモールをリードする存在になることは確実。

 

イオンモールの戦略は念入りだ。

単独でイオンモール白山は巨大戦艦なのだが、

その横にコメリパワー白山という強力な提携相手を帯同している。

 

これはイオンモールの常套手段でもあって、

岐阜県に2021年新規オープンを計画しているイオンモール土岐は、

近くのアウトレット土岐との相乗効果を狙っている。

 

愛知県のイオンモール長久手は、イケア長久手の2.5km先にあって、

「2つを縦走」するプランを提供することで、

ライバルに差を付ける付加価値を生み出している。

 

それらのポイントは「他業種と組む」ということだ。

イオンモールとららぽーとが組んでも内容が重複するし、当たり前のことだけど。

そうしてオープンするイオンモール白山

週末の石川県の人の動きさえ変えてしまうことだろうね。

 

2021年オープンと推測するよ、

イオンモール白山を僕は大歓迎しつつ、待ちわびている。

 







-お店開業

Copyright© そこはメモっておこう , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.